抜け毛の原因は何?

髪は生きています。

ですから、毎日少しずつでも成長し、太くなっていっています。

それと同時に、毎日髪の毛は抜けていくものです。

ただし、それが健康的な範囲で抜けても生えてくるというサイクルが確立されていれば、特に問題にはなりません。

しかし、髪の毛は抜けていく一方でなかなか生えてこないという場合、抜け毛は非常に大きな問題となってくるのです。

一般的に、一日平均で適正な髪の毛が抜ける量としては、年齢や性別によっても違いますが、10代なら20本前後、20代では50本前後、30代では80本前後、40代なら90本前後、50代では100本前後とされています。

これ以上髪の毛が抜ける場合、それは抜け毛と言われる状態になります。

その原因としては様々なものがありますが、主に挙げられるものとしては、ホルモンの影響、遺伝子の影響、生活環境、ストレスなどがあります。

ホルモンの影響は元をたどると遺伝子の影響とも同じになるのですが、髪の毛の成長を阻害させるホルモンが多量に排出されると、髪は抜けやすくなっていきます。

そしてこのホルモン量を増やす遺伝子が遺伝している方は、どうしても髪の毛が抜けやすくなります。

そういった体質的な原因がある一方で、ダイエットなどによりホルモンバランスを崩すことで髪の毛が抜けやすくなるという状態もあります。

またストレスや生活環境が乱れていることでホルモンバランスを崩したり頭皮の状態を悪化させ、髪の毛が抜けやすくなったりもします。

抜け毛が気になる、という方は生活環境なども見つめなおしてみると良いでしょう。

その上で抜け毛に対してどのような対策をとるか考えるようにしましょう。

今は発毛の為にシャンプーからトニックまで一通りが揃った商品(http://www.angfa-store.jp/brand/br_lp_jet.jsp)が販売されています。

こうした商品を使ってみることも一つの方法ですよ。